私たちについて

日本産業訓練協会について

日産訓は、発足以来わが国における企業内人材育成の専門団体として、産業界からご支援をいただき、 基幹人材の育成に取り組んでまいりました。 管理者向けのMTPと、監督者向けのTWI という2つの人材育成プログラムを軸に、新入社員から幹部社員まで幅広い研修コースを、公開セミナーおよび企業への講師派遣によりご提供しております。
いずれの研修プログラムも、永年の経験と実績に基づき、実際に仕事上で発生する具体的課題を対象とした実践的な内容となっています。
特に企業内インストラクター養成講座が充実しており、これまでに MTPは約4千人、TWIは2万人を超えるインストラクターを認定してまいりました。
これらの方々が企業内で後輩の指導に当たられた結果、戦後から高度成長期を経て今日に至るわが国産業界の発展の一助となったと思われます。
日産訓の講師陣は、企業内での研修講師の実績を重視、企業内インストラクターの指導実績も十分にある経験豊富な人材で構成されており、お客様のいかなるご要望にも幅広くお応えすることが可能です。

MTP(働く人の総合マネジメント力養成コース)のご紹介 2018年4月 第13次版に改訂

MTPとは

戦後の1950年代に米軍から提供されたテキストを当時の通産省(現経済産業省)と産業界が改良した「マネジメント(管理者)研修」です。
組織の中で、指導的立場の者が必要な管理の基本を体系的に学べるプログラムです。
1950年代初頭、人材育成の受容性は理解されていましたが、それを企業現場に展開していく具体的な理論・手法は未整備のままでした。そこで米軍内で実施されていた管理者育成のプログラムを、当時の通産省(現経済産業省)が譲り受け、
MTP日本語版として企業に紹介しました。このプログラムが、日産訓創立時に通産省から協会に移管され、日本人の気質や組織風土、企業現場の実状に合わせ、何度も版を重ねてきました。
現在の13次改訂に至るまで、多くの先達の手で練り上げられてきたものです。時は移り変わっても、組織の人間関係や教育訓練の基本は変わるものではありません。
一方で、時代によって変わる企業環境や新しい考え方を前向きに反映して変化しているのも、MTPプログラムの特徴です。

原理原則と時代への適応

何を学ぶのか

・標準28時間で、マネジメント(管理)の基本を体系的に学ぶ。
・組織の中で、仕事をどのように運営して成果を上げるかを学ぶ。
・組織の部下・メンバーとのコミュニケーション能力を高め、信頼を得ていく方法を学ぶ。
・課題やハラスメントへの対処を学ぶ。

研修の方法

・受講者同士で意見を出し合い研究する「会議式訓練」が主体です。
・職場で実際に起きている「事例」を題材にグループ討議・発表で進めます。
・講師(インストラクター)は、知識の提供と受講者同士の意見交換を引き出します。

社内インストラクターとは

先輩社員だからこそ提供できる自社の情報があり、受講者との間で築かれる深い信頼の絆が、会社全体の組織の活性化を呼び起こします。
社内インストラクターによる研修の実施が可能になるのがMTPの最大の特徴の一つです。

MTPのカバーする範囲

管理者の役割は多岐にわたります。業種、業態、担当する組織の大きさ、企業規模、経営理念や事業目標などによっても、その役割は幅ひろいものとなります。 管理者は事業の第一線で常に成果を求められるわけですから、さまざまな知識や能力が求められます。これらを総合して「より良い管理」の確立を目指す必要があります。その中でのMTPの位置づけは、この図の示す通りです。

より良い管理の確立
ページTOPへ

プログラムの構成

構成はⅥ部で、各部は「セッション」と「節」からなり、全体で14セッションです。標準の研修時間は28時間(7時間/日×4日間)です。14セッションは相互に関連していますので、順を追っての実施が望まれますが、各企業・組織における目標・目的や当面している課題に重点を置いて、組替えや短縮・延長も柔軟に対応することができます。

TWI(監督者訓練プログラム)のご紹介

TWI(トレーニング・ウィズイン・インダストリー=監督者訓練)とは、昭和25年にMTP( マネジメント・トレーニング・プログラム=管理者訓練 ) と共に、わが国の産業界に導入されて以来、TWIの原則性と実践性が近代的、科学的管理の基盤を成すものとして、今日まで生産部門やサービス部門のほか、あらゆる業種において、その有効性が高い評価を得て日本産業の発展に大きく貢献し、企業内教育の原点として広く活用されています。監督者教育として、わが国は言うにおよばず世界でも大変普及しているTWIは、企業活動の推進力となって生き続けています。

TWI(監督者訓練プログラム)のご紹介

TWI(4コースの内容)

監督者自らが、職場の管理や監督に深い関心を寄せ、情熱をもって職務に当たることが大切なのは言うまでもありませんが、職務を遂行するためには、経験上、一般的に6つの条件を具備していることが重要です。

監督者の必要条件
職務遂行能力

したがって、TWI訓練では上の表の4つの能力(技能)を監督者に付与するために、4つのコースがあります。
※各コースにはトレーナー養成講習会と10時間講習会(JSを除く)があります。

ページTOPへ

会長あいさつ

私は平成25年6月の総会後の理事会で会長に選任されました。 昭和30年(1955年)に設立された当協会は、企業内人材育成の専門機関として、2万人を超える企業内研修インストラクターの養成(認定)をしてまいりました。残念ながら過去数年にわたり業績的には苦戦を強いられておりますが、永年にわたり培われてきた研修ノウハウや各種教材、経験豊かな講師陣を武器に、時代に即した人材育成が可能となるように様々な変革に着手してまいる所存です。
今日本は、少子高齢化と全体として人口の縮小傾向の中で、消費・金融市場の急激なグローバル化を経験し、人々の働き方も大転換期にあると思います。このような時期だからこそ、時代の変化を先取りする若い人たちの「働くことへの積極的な気持ち」を大事に育て上げることを意識し、積極的な人材開発活動が必要と認識しております。加えて、製造業がリーダー役を務めてきた産業構造も、サービス産業が地位を拡大し、中でも中小企業が地域振興の役割を担うような変化が起きています。
このように日本の人材開発・育成は転換期にあり、一段の弾みが必要ですが、日産訓としても息の長い工夫と努力の積み重ねにより、お役に立てるよう努めてまいりますので、関係各位の皆様の一層のご支援、ご協力をお願いいたします。

一般社団法人日本産業訓練協会 会長 鈴木 俊男

ページTOPへ

講師紹介(本部公開講座担当の主な講師)

山口 和人(やまぐち かずと)

山口 和人(やまぐち かずと) 出版関係会社で人事部門を歴任。当協会主幹講師・研修部長。MTPならびにTWI全コースのリーダー資格を有し、 製造業、流通業、医療関係機関など幅広い業種の担当経験あり。中小企業診断士。

笑顔でわかりやすく、丁寧な指導で活力ある人財育成を目指します。

府川 亮一(ふかわ りょういち)

府川 亮一(ふかわ りょういち) タバコ会社で製造・人事部門を歴任。当協会主幹講師。MTP、TWIをはじめ、様々な人材開発プログラムに精通し、 新人から経営者にいたるまで幅広い階層に対応可能。

管理者の能力向上が若手育成の基本と信じて研修しています。

石井 美江(いしい よしえ)

石井 美江(いしい よしえ) 化学会社の人事部門を経て当協会講師に。ビジネスマナー、接遇研修を中心に、若手の人材育成を担当。 秘書検定、パフォーマンス教育等にも精通している。

「感じて、考えて、表現できる」人づくりを目指します。

岩男 伸彦(いわお のぶひこ)

岩男 伸彦(いわお のぶひこ) タイヤメーカー等で、教育訓練・安全衛生・営業・生産・品質部門を歴任。 新入社員訓練から管理者研修まで、幅広く担当可能。TWI全コースのリーダー資格あり。 中国でのTWIトレーナー養成講座の実績もあり。

平常心、ひょうひょうとして温かく、手を差し伸べてできる様に!

大橋 茂(おおはし しげる)

大橋 茂(おおはし しげる) 製鉄会社で製造部門を歴任し、安全関係の研修を担当。TWI-JS(安全)、JM(改善)のリーダー資格あり。

「受講者が明日から、独り立ちできる!」を目指します。

及川 ふさ子(おいかわ ふさこ)

及川 ふさ子(おいかわ ふさこ) 企業で営業・人事・研修部門を歴任。新入社員から管理職、幹部までの人材育成に関わる。 現在、TWI-JI(教え方)JR(人への接し方)のトレーナー養成講座を中心に担当。

会社繁栄の基礎は部下育成。確実に効果を上げるTWI。

勝部 透(かつべ とおる)

勝部 透(かつべ とおる) タイヤメーカー、貴金属メーカーの人事・労務部門を歴任。災害防止・安全関係の指導を担当。 TWI-JS(安全)、JR(人への接し方)のリーダー資格あり。MTPインストラクター。

全ての訓練は人間尊重がベースになければならない。

塚越 章(つかごし あきら)

塚越 章(つかごし あきら) 製造業、人材派遣業等で営業・人事部門を歴任。管理者研修を中心に担当。

教えることは学ぶこと。 いつも明るく、いつも元気、いつも力強く。 

馬場 英二(ばば えいじ)

馬場 英二(ばば えいじ) 製鉄会社の製造部門の操業現場で監督者職を歴任後、
研修会社で監督者の人材育成にかかわってきました。
MTPインストラクター、TWI各コースのトレーナー資格(一部リーダー資格)あり。

監督者のTWI技能が「現場力向上」に繋がる研修を目指します。

星野 清(ほしの きよし)

星野 清(ほしの きよし) 自動車部品メーカーで製造・人事部門を歴任。新入社員から管理者研修まで幅広く担当可能。TWI全コースのリーダー資格あり。

一期一会の気持ちで、実のある研修を目指します。 

室富 正達(むろとみ まさたつ)

室富 正達(むろとみ まさたつ) 真珠・カメラメーカーで営業・輸出部門を歴任。新入社員から管理者まで幅広い研修の実績あり。 香港、シンガポールでの駐在経験を活かし、英語による研修も得意。

職場で実践できる、具体的な研修を目指して

八重樫仁(やえがし ひとし)

八重樫仁(やえがし ひとし) 東証一部大手企業で35年間営業部門に所属し、ほぼ半分ずつ本社と欧米海外拠点での営業活動とマネージメント経験を経て当協会講師に。日本型と海外型のマネージメントに精通。

既に皆さんの中にある答えを導き出すのは「気づき」です。
そのお手伝いをさせて下さい。

柳沼 昌孝 (やぎぬま まさたか)

柳沼 昌孝(やぎぬま まさたか) 旧国鉄、タバコ会社、情報関連会社で多部門の管理職を歴任する中で、長年人材育成にも携わってきました。現在は、主としてMTPを中心とする管理・監督者研修を担当しています。企業の皆さんの能力開発と生きがいの向上に微力ながら貢献できればと強く思っています。

参加される皆さんのキャリアの進化につながる研修を目指します。

ページTOPへ

日産訓の会員制度とご入会のおすすめ

会員のメリットをご活用いただくためにもご入会をおすすめいたします。

会員のメリット

1. 講習会・講座・セミナー受講料、各種催し、研究会等への参加
優先受付 特別価格でご参加いただけます。

2. 講師の派遣
特別価格にてご案内いたします。

3. 機関誌『産業訓練』
無料配布いたします。 

4. 各種教材
特別価格にてご購入いただけます。

5. 企業内教育についての相談
無料にて承ります。

会費について

会費につきましては、企業の資本金、従業員数に応じて算定させていただきます。

ページTOPへ
メールでのお問い合わせはこちら

公開講座紹介

  • マネジメント強化
  • 職場リーダー育成
  • 中堅社員育成
  • 新人・若手育成

MTP、TWIの標準テキストに加え、豊富な実績に基づくオリジナル教材を各種販売しております。

取り扱い教材一覧 教材のご注文
ページTOPへ